ほうじ茶とは

                                                                   

健康ほうじ茶専門店 東京日本橋人形町『森乃園』のほうじ茶

 

一般的な「ほうじ茶」とは、「緑茶」を焙煎したものです。

森乃園では「緑茶」以外の「健康茶」を焙煎したものを含め、「健康ほうじ茶」と呼んでいます。

 

当店は、日本橋人形町で106年営業を続けているほうじ茶専門店です。

からだによくて、美味しい、毎日飲み続けたくなるほうじ茶を、「焙煎」という工法を用いて、製造しております。

 

ほうじ茶の本当の味を知ってもらいたい。

健康に良い原料を美味しく飲んでもらいたい。

 そのような思いから「からだにいいをおいしくする」をコンセプトに、

健康によいほうじ茶を作り続けています。

 

森乃園のほうじ茶を飲んでいただき、味の違いを感じてみて下さい。

当店のほうじ茶は、コーヒーのように「濃い」ことが特徴ですが、胃にやさしく、何杯も飲みたくなります。

そして最大のおすすめは、飲みすぎても不快感がなく、後味が甘く、長く余韻が楽しめます。

 

健康ほうじ茶は、原料そのまま100%を焙煎して製造しています。

濃くて、美味しく、健康に良い効能効果が期待できます。

そのままでは飲みにくい味わいを、長年の焙煎技術と抽出方法で、美味しくしています。

 



高温で焙煎することでカフェインが昇華するため、小さいお子様からお年寄りまで、胃に負担が少なく、安心してお飲み頂けます。

低カフェインなので夜寝る前にお飲み頂くのにも最適です。

森乃園のほうじ茶の原料には全国から取り寄せ厳選した良質な国産緑茶の他、希少な国産の健康茶100%を使用しています。

森乃園の健康茶5種類(桑の葉・杜仲・どくだみ・よもぎ・レモングラス)は、国産・ノンカフェインです。

 

 

 

胃の負担が少なく何杯でも飲めるのは、ほうじ茶です。

珈琲や煎茶は、続けて何杯も飲むと胃に負担が、かかります。

そんな、ほうじ茶の「からだにいい」「健康によい」面に、美味しさを加えたいという思いで、

森乃園はほうじ茶に100年こだわり続けています。

 

味へのこだわり

「さっぱり」・「薄い」というほうじ茶を、煎茶より、「しっかり」・「濃い」ほうじ茶に。

淹れ方のこだわり

茶葉は多めに使用し

熱湯で茶葉をぐるぐる泳がせる

空気と混ざるように
高い位置から勢いよく注ぐ。

こうすることでほうじ茶の香り、深みを最大限引き出すことができます。


森乃園のほうじ茶は、葉っぱが大きいです。

深炒りです。

 



多くのほうじ茶は、香りを楽しむもの

でも 森乃園のほうじ茶は、香りも味を楽しむもの

皆様に新しいほうじ茶を知って頂けたら幸いです。



[当店人気NO1 森乃園の極上ほうじ茶]

 

当店一番人気、

コーヒーのように「濃い」ほうじ茶です。 

 「濃い」のに、胃に負担がない。

健康によくて、「濃い」、美味しいを実現したほうじ茶です。